福井県酒造組合

越前若狭の地酒で乾杯。

米と水へのこだわり

酒の話は、
まず水の話から。

銘酒、水の如し。とはよくいいますが、なにも水がアルコールに変化するわけではありません。酒造りを一言でいうと、米を発酵させてアルコールにすることです。こまかくいうと、大変な工程と努力を必要としますが、これらの工程のなかで水は重要な役割を果たすことになるのです。

酒造りは仕込み水から原酒をうすめる割り水まで、大量の水を使用します。しかも、水は氷だったり、液体だったり、蒸気だったり、熱かったり、冷たかったりと、その姿を変化させながらも酒造りに貢献します。または、雑菌を極端に嫌う酒造りでは、使い終わった用具を熱湯殺菌し、念入りに水洗いをします。これほどまでに利用される水がまずかったら、まず酒造りは難しいということは素人がみても明らかではありませんか。

酒蔵を訪れるとわかるのですが、小一時間もそこにいると足元からじんわりと底冷えがしてきます。まるで、その地下深くにとうとうと流れる水脈があるのか・・・あるいは巨大な地下の湖があるかのように。ともすれば、酒になる目的のために、幾層もの地下層を通り抜け、研ぎ澄まされた一滴一滴の水。酒蔵で思い思いの美酒を愛でるとき、自然が鍛え上げた水の存在に感謝せずにはいられません。少し難しい話になりますが、酒造りには鉄、マンガン、有機物、バクテリアなどは最大の敵になります。それに対して、リン酸、カリウム、マグネシウムなどは、麹の発育、酵母の増殖を促進するものといえます。これらの成分の違いによって、結果としてその土地なりの酒の特徴が現れるのです。米は選んだり、変更もできます。造り方も蔵なりに研究できます。でも、水だけはそうはいきません。

「越前若狭の水でつくる」だから地酒といわせてもらう。地元の酒は、地元の水で造っています。だから、地酒といえるのです。

ワインは葡萄を醸し、
日本酒は米を醸す。

醸すという言葉には「なにかよい気分を、状態を除々に仕掛け自然につくりだす」という色合いがある。酒造りもまさにそのとおりと言える。醸造の醸は、そういう意味なのだ。では、実際米を醸すとはいったいどんなことなのか。

「稲と米」今回は酒造りにおける米の役割を簡単に説明しよう。米、これは酒造好適米(酒米)と呼ばれる、酒造り専用の米が主として使われる。これらの品種は五百万石、山田錦等といった代表的な銘柄があり、原料としてラベルに書き込んである酒もある。

これらの酒米は、まず精白される。つまり、中心の心白にむかって、回りの部分を削り取る。米本来の純度を上げる為なのだが、この辺の意味合いはすでにご存知だろう。そうした精白米を蒸し、麹菌を植え付けて麹をつくり、これに蒸し米と水を加え混ぜ、酵母を添加して酒母をつくる。この酒母にさらに蒸し米・麹・水を加えて醪(もろみ)をつくる。これを糖化とアルコール発酵をさせて絞ったものが、日本酒となるのである。
その年の天候の具合、酵母の性質・そして杜氏の腕。このように細部に至る探求があってはじめて生まれる酒が、毎度同じではないことが理解できると思う。

地酒を楽しむ初歩としては、まず蔵元のある土地の水を想像すること。次に米の銘柄と精米歩合を見てみる。歩合が小さいほど、米をたくさん削って贅沢であるかのようだが、そうとも限らない。精米でまさらなくても、旨さでまさる酒もある。まったく、むずかしい。
しかし、このあたりが地酒を味わう醍醐味でもある。特にその土地を知ることの出来る愛飲家にとってはなおさらである。

福井の蔵元

イベント情報

春の新酒まつり2019


詳細

開催日程
2019年3月23日(土)
開催時間
13:30~17:00
開催場所
フェニックスプラザ大ホール
できたての新酒や各蔵自慢の大吟醸酒など、約100銘柄を飲み比べ。
入場者全員にプレゼントされる特製グラスで全蔵制覇を目指そう。
おつまみ販売コーナーのほか、地酒スイーツコーナー、蔵元グッズ販売コーナーも設置。
  • 20歳未満の方は入場できません。
  • お車などを運転するご予定の方は試飲できません。
  • 付き添いの方であっても入場券をお持ちでない方は入場できません。
  • おつまみの持ち込みは固くお断りします。
  • 降雪、悪天候などで公共交通機関が運行できない場合であっても、この新酒まつりが開催された場合には前売券の払い戻しには応じかねますので、あらかじめご了承ください。
前売り券 ¥2,000 当日券 ¥2,500

前売り券お申込みはこちらから

Good News for Sake lovers!!

The annual event, “Fukui Spring New Sake Festival” will be held on March 23rd (Sat) from 13:30 ~ 17:00 this year 2019 at Fenix Plaza in Fukui City. (Entry door close at 16:00) It will be the 11th Anniversary this year and more than 2000 people enjoyed fresh sake presented by local 24 breweries last year.

It will cost you 2,500 yen at the entrance or you can buy pre-ticket for 2,000yen at Family mart convenience store (Fami port machine) and local sake stores until Mar. 22nd .

At the entry, you will receive a small souvenir glass and you can try the fresh sake of each breweries freely with this glass for the day, although some of the drinks like the sake cocktails and snacks will cost you extra. They also sell special limited bottled sake, sake cups and sake snacks for souvenirs.

The rules state that no food can be brought in but better to bring bottled water or you will be on a line of water server all the time. Once you enter with the ticket, you can freely go in and out during the event hour by showing the half ticket or the glass at the entrance.

・People are usually well behaved, and a very few people overdrink or get helped at the first-aid.
・There will be an English-speaking staff at the information corner and you can ask for any help if needed.

The other rules are as follows.

  • -Not allowed to enter if: Age under 20 or Driving any vehicle.
  • Train and entry ticket is also available at each train station.
  • -Fukui Train one day free ticket + Festival entry for 2,450 yen
  • -Echizen Train one day free ticket + Festival entry for 2,800 yen

Various events will be held at the festival

Main Hall: Japanese Sake Cocktails Serving 14:00~ \100/glass
Snack sales from various restaurants
Lucky Lottery (1st draw 14:30 2nd draw 15:30)
Reception Hall: Sake sales site
Sake cup ang glass sales site
Designed sake bottle exhibition site
Basement Hall: Petit trial of “Sake tasting championship” Try 5 sake tasting to get a original gift!
Sales of local sake and original sweets
Various local liquor tasting ( \100/glass)
Sales of original items from local sake brewers (T-shirt and etc.)

新酒造米「さかほまれ」誕生


平成22年から福井県農業試験場で開発を進めてきました大吟醸酒用の新しい酒米が完成しました。
新酒造米の名称は「さかほまれ」、この酒米で造った酒が「日本一美味しいお酒」となるように、また、この酒を「飲んだ人が栄えていく」ようにとの願いが込められています。
福井県食品加工研究所で新たに開発中の酵母も間もなく完成する予定で、福井で生まれた酒米、酵母、そして清らかな福井の水を使って最高級の地酒造りを目指します。
「さかほまれ」は2019年の春に作付けを行い、2020年に県内の各蔵元が新製品の販売を開始する予定です。

トピックス

新酒きき酒研究会

平成31年3月5日(火) 於:ユアーズホテルフクイ
吟醸酒の部には華やかな香りとスッキリとした味わいの酒が、金沢酵母吟醸酒の部にはふくよかな香りと米の上品な甘味の感じられる酒が多く出品されていました。

杜氏研修会

平成31年1月8日(火) 於:ザ・グランユアーズフクイ
講師:金沢国税局鑑定官室 加藤裕子氏
講師:福井県食品加工研究所 久保義人氏

酒造講話会

平成30年12月6日(木) 於:ザ・グランユアーズフクイ
講師:金沢国税局鑑定官室 加藤裕子氏
講師:金沢国税局酒税課団体企業係長 松村裕之氏

酒類業組合法施行65周年
金沢国税局長感謝状贈呈式

平成30年12月6日(木) 於:ザ・グランユアーズフクイ
受贈者:水野直人、片山達夫、久保格太郎、宇野信裕

越前・若狭の地酒ブランド推進連絡会

平成30年11月1日(木) 於:ザ・グランユアーズフクイ
地域ブランドの確立に向け、関係機関・団体から活発な意見が出された。

秋の地酒フェスタ

平成30年9月30日(日) 於:ガレリア元町アーケード内
台風24号もどこ吹く風、日本酒で乾杯!

全国きき酒選手権大会
福井予選

平成30年9月29日(土) 於:福井繊協ビル
今年の出題は非常に難しく、満点は一名